菜虫化蝶(なむしちょうとなる) 

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。

 

【9】啓蟄・末候
菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

新暦3月15日~3月19日頃

2021年は、3月15日(月)~19日(金)
青虫が孵化して、蝶になる 」頃です。

 

この時期に
強い生命力を持つ旬のものは、

運を上げるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

 

植物 葉わさび
かたばみ
青柳(貝)
動物 やまとしじみ(
行事など 十六団子:
3月16日は、田の神様が山から降りてくるのを団子でもてなす。

春のお彼岸

ぼた餅を食べると先祖供養になると言われている。
春は牡丹の花にちなみ「ぼた餅」、
秋は萩の花にちなみ「ぼた餅」と呼び名が変わる。

 

かたばみは、
「家紋」になるなど
親しまれている花です。

かたばみ

(花言葉は、母の優しさ・あなたを捨てない

蝶は「」のシンボルです。
この時期に、
よく見かけるようになります。

お彼岸にもあたるので、
神秘的に感じられますね(^^ゞ

夢虫」とも呼ばれるのですが、

古代中国の思想家である、
荘子の「胡蝶の夢」

という説話が、
由来とも言われます。

五感のすべてで、
旬を楽しみ

いつも、ご機嫌に。

こころ豊かに、
からだ健やかに!

ブログランキングに参加して
更新の励みにしています(^^ゞ
クリック投票、ありがとうございます!


生活・文化(全般)ランキング

関連記事

  1. 天地始粛(てんちはじめてさむし)

  2. 玄鳥去(つばめさる)

  3. 霎時施(こさめときどきふる)

  4. チーズパン

    土日限定

  5. すみれ

    蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

  6. 梅子黄(うめのみきばむ)

  7. 魚上氷(うおこおりをいずる)

  8. 黄金虫

    黄金虫とクマバチ

Follow me!

Twitter

更新情報

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

*ようこそ葛飾へ*Portal site→

*click投票↓励みになります!