蟷螂生(かまきりしょうず)

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。

 

【25】芒種・初候
蟷螂生(かまきりしょうず)
新暦6月5日~6月9日頃

2021年は、6月5日(土)~6月10日(木)
冬越えをした卵から、カマキリが孵化する」頃です。

 

この時期に、
強い生命力を持つ旬のものは

運を上げるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

 

植物 らっきょう
柘榴(ざくろ
苗代苺(なめしろいちご)
鮎(あゆ)
あいなめ
動物 かまきり
行事など 稽古はじめ
稽古はじめを6歳の6月6日にすると上手になると言われている。

 

らっきょうは、
暑バテによい働きがあります。
(花言葉は、慎ましい

この時期には、
柘榴(ざくろ)の花が咲きます。

実がなるのは秋。
美容と健康に欠かせない成分が
沢山含まれており、
女性に嬉しい効果が期待できますね。

その中でもポリフェノールは、
アンチエイジングには持って来いです!

(花言葉は、優美・子孫の守護・成熟した美しさ

苗代苺(なめしろいちご)は、
苗代をつくる頃に、
熟すので名付けられました。

五感のすべてで、
旬を楽しみ

いつも、ご機嫌に。

こころ豊かに、
からだ健やかに^^

ブログランキングに参加して、
更新の励みにしています。
クリック投票、
ありがとうございます<(_ _)>

関連記事

  1. 蒙霧升降(ふかききりまとう)

  2. 参道土産コラボ

    私の「水無月」

  3. 空とバラ

    今年のバラです

  4. 帝釈堂からの太陽

    納めの庚申 2020

  5. 雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる)

  6. 欵冬華(ふきのはなさく)

  7. 月星布

    豊穣の月・ブルームーンに寄せて

  8. 柿の実

    秋の味覚

Follow me!

Twitter

更新情報

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

*ようこそ葛飾へ*Portal site→

*click投票↓励みになります!