菊花開(きくのはなひらく)

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。



【50】寒露・次候

菊花開(きくのはなひらく)
新暦10月13日~10月17日頃

2021年は、10月13日(水)~10月17日(日)
菊の花が咲きはじめる」頃です。

 

この時期に、
強い生命力を持つ旬のものは

運を上げるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

 

植物 菊(きく)
とんぶり
栗(くり
はたはた
動物
行事など 神嘗祭:
五穀豊穣に感謝して伊勢神宮で行われる。


菊は、

秋を代表する花であり

菊の花の咲く時期の晴天を、
「菊晴れ」といいます。

(花言葉は、高貴・生命力・貞操など)

栗の縁起を担ぐ「勝栗」
こんなサイトがありました!

なかなか、いただく機会はありませんが
「食べるお守り」だそうです。
https://katsu-brand.com/item/kachiguri/

栗の花言葉は、公平・豊かな喜び・真心など。

10月13日は「さつまいもの日」
ですが、

「栗よりうまい十三里」って、
聞いたことありませんか?

栗と同じ音なので、九里

さつまいもが、
十三里の理由は諸説あるので
また、さつまいもの季節に解説しますね笑。

新嘗祭(かんなめさい)とは、

伊勢神宮のお祭りの中でも
最も重要なお祭りです。

お伊勢様の公式ホームページにて、
詳細や、映像をご確認ください。
https://www.isejingu.or.jp/

五感のすべてで、
旬を楽しみ
いつも、ご機嫌に。
こころ豊かに、
からだ健やかに^^


ブログランキングに参加して、更新の励みにしています。
クリック投票、ありがとうございます<(_ _)>

関連記事

  1. 鼃始鳴(かわずはじめてなく)

  2. 桜始開(さくらはじめてひらく) 

  3. 月星布

    豊穣の月・ブルームーンに寄せて

  4. 竹笋生(たけのこしょうず)

  5. すみれ

    蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

  6. 題経寺 朝顔

    柴又の朝顔

  7. 鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 

  8. 紅花栄(べにばなさかう)

Follow me!

Twitter

更新情報

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031