大雨時行(たいうときどきふる)

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。




【36】大暑・末候

大雨時行(たいうときどきふる)
新暦8月2日~8月6日頃

2021年は、8月2日(月)~8月6日(金)
大雨が時々降る」頃です。

 

この時期に、
強い生命力を持つ旬のものは

運を上げるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

 

植物 西瓜(すいか)
太刀魚(たちうお
動物 カブトムシ
クワガタ
行事など ねぶた祭
弘前ねぶた祭
青森ねぶた祭が開催される。

 

西瓜(すいか)は、
夏を代表する果物ですね。

子供の頃の夏休み。
農家をしていた田舎へ泊まり

スイカ割りをしたり、
種を飛ばしたことを思い出しました(^^ゞ

そんな西瓜ですが、

季語としては秋の言葉。

こよみのうえでは、
秋が近いことを感じさせますね。

最後に切ないのが、
(花言葉は、かさばるもの

美味しくて、水分も補給できるのに

それは、ないよね~と
なぐさめてあげたくなりましたf(^^;

この投稿で、七十二候ある季節の
三十六候までが終わります。

詳細な季節のこよみでは、
1年の折り返しだということです。

暑さに負けず、今年後半の展望も
描くお時間をもうけられるといいですね!

五感のすべてで、

旬を楽しみ

いつも、ご機嫌に。

こころ豊かに、
からだ健やかに^^

ブログランキングに参加して、
更新の励みにしています。
クリック投票、
ありがとうございます<(_ _)>

関連記事

  1. 夕暮れ空

    こよみ暮らし

  2. 鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 

  3. 虹始見(にじはじめてあらわる)

  4. 題経寺 光芒

    施餓鬼会の日

  5. 禾乃登(こくもつすなわちみのる) 

  6. 寒蝉鳴(ひぐらしなく)

  7. 鴻雁北(こうがんかえる)

  8. 瑞龍松コモ巻き

    ゆく年くる年

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

更新情報

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930