ピンクのシクラメン

聴くひと。

「私に聞きたいことはありますか?」という質問を、
Facebookでしたことがあります。

各地にお住まいの
ペンフレンドのみなさま(←面識のある方も無い方も)が
さまざまな、質問を寄せてくださいましたヽ(^○^)ノ

ただひとつ、衝撃だったのが
敏子さんって何者?←実はいつも思っていた。
注:原文です。しかも、面識ありです。

w(゜o゜)w

重ねて、この質問に同意される方も!

w(゜o゜)w w(゜o゜)w 

以来、石井さんは何者なんですか?と問われたら
「聴くひと。」です、とお答えすることにしました。

家庭では、母であったり娘であったりはしますが
仕事、で言えば「カウンセラー」
または、ネットショップ*花月堂*の「店主」でもあります。

ただ、ひとつの肩書きは?となると「聴くひと。」

なぜなら、生来、聴くことを
強いられたり、望まれたりしてきたからです。

よくも悪くも
その日々が、今の私を作り上げてくれました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

聴くひと。を名乗るようになってから
初めてお話しした方に聞かれたことの中に、

どんな分野がご専門なのですか?
という質問があり…

以下がそのお答えです。

そうですね、弁護士であれば、
ドラマであるような「離婚」であったり
「企業専門」であったりしますね。

でも、私の場合、限定感はなく、
まず、お客さまが話したくてたまらないお話しをおうかがいします。

話し出すことが苦手な方には
呼び水となるような言葉がけをします。

雑談からでいいんです。

お時間の中で、少なくとも8割を聴き
あとの2割で、内容の確認や改めての質問。
必要な言葉があれば、お伝えします。

ご本人の中から
何かしらの答えがみつかるようなやり取りをします。

最初はどんよりとしていた、お客様の目が
だんだんと、輝きだすのを見るのが大好きです。

通話だけでもわかります。
低い声音で、ゆっくりとしていた口調だったのが
笑い声も聞こえて、どんどん饒舌になっていきます(^o^)

時々、途中で、雨がふるように泣き出す方もいらっしゃいます。
自分の本当の気持ちや、状態に気がついたそうです。

俄雨だとわかっているので、淡々と笑顔で
その方の強みやチャームポイント等をお伝えしていくと…

最後には、
雨上がりの虹のように、キレイな表情を見せてくださいます。

その様子を、開花にたとえるなら…
私の仕事は花咲ばあさんです(^^ゞ

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

このブログでは、

これまで話すことも、書くこともなかった私自身のことを
「履歴書」のように並べてみたり

「私は、どのようにして、私となったのか」
少しずつ、開示していくことで

ひとつでも、共感したり
安心していただけたり

なかなか話すことができないけれど、話したい!

そんなみなさまの、チカラになることができたら嬉しいです。

ピンクのシクラメンの花言葉は
「憧れ」「内気」「はにかみ」

~話すことは生きること~

人生を切り拓いたり、
日々のパワーチャージをすることを
微力ながら、お手伝いをさせてくださいね。

聴くひと。がオススメするセルフケア、
花で癒やす」はコチラから。

関連記事

  1. 金色の水引

    大丈夫です!が口ぐせだった私にσ(^_^)

  2. 土瓶蒸し

    松茸です(^^ゞ

  3. 雑草

    雑草みたいな悩み

  4. 孔雀サボテン

    きくひと

  5. 偶然の1枚

    弱音を吐ける場所がないあなたへ

  6. オーロラ

    エールをいただきました!

  7. お守り

    一期一会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

更新情報

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。