紅花栄(べにばなさかう)

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。



【23】小満・次候
紅花栄(べにばなさかう)
新暦5月26日~5月30日頃

2021年は、5月26日(水)~5月30日(日)
紅花が盛んに咲く」頃です。

 

この時期に、
強い生命力を持つ旬のものは

運を上げるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

 

植物 紅花(べにばな)
紫蘇(しそ)
車海老(くるまえび
動物
行事など 潮干狩り:は縁起物。


紅花は、

食用油が採れるだけではなく

口紅や染料にも使われたり、
生薬としても

ひとの暮らしに
役立てられてきた植物ですね。

別名は、
『源氏物語』にも登場する
「末摘花(すえつむはな)

(花言葉は、包容力・愛する力・熱狂・特別な人

紫蘇(しそ)は、
栄養豊富でいろいろと使えますね!

その香りは、
日本のハーブの
代表格ともいわれます。

(花言葉は、善良な家風・力が蘇る

二枚貝である蛤は、
対になっている貝でなければ
形が合わず

夫婦円満や、
良縁を願う縁起を担げます。

五感のすべてで、
旬を楽しみ

いつも、ご機嫌に。

こころ豊かに、
からだ健やかに^^

ブログランキングに参加して、
更新の励みにしています。
クリック投票、
ありがとうございます<(_ _)>

関連記事

  1. 牡丹華(ぼたんはなさく) 

  2. 鶺鴒鳴(せきれいなく)

  3. 題経寺 朝顔

    柴又の朝顔

  4. 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

  5. 葭始生(あしはじめてしょうず)

  6. 雀始巣(すずめはじめてすくう)

  7. 瑞龍松コモ巻き

    ゆく年くる年

  8. 葡萄の葉

    日々成長

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

更新情報

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930