寒蝉鳴(ひぐらしなく)

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。

 

【38】立秋・次候
寒蝉鳴(ひぐらしなく)
新暦8月12日~8月16日頃

2021年は、8月12日(木)~8月17日(火)
ひぐらしが鳴き始める」頃です。

 

この時期に、
強い生命力を持つ旬のものは

運を上げるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

 

植物 鬼灯(ほおづき)
萩(はぎ
めごち
動物 ひぐらし
行事など 灯籠流し:8月15日の月遅れ盆・終戦記念日
先祖の霊を灯籠で送る。

阿波踊り
徳島市・日本三大盆踊り

諏訪湖祭湖上花火大会:8月15日

京都の送り火:8月16日
京都の大文字焼きと五山の送り火

 

ほおづきは、
お盆の花として飾られますね。
(花言葉は、偽り・ごまかし

萩は、
宮城県及び仙台市の花。

『万葉集』にも登場します。
(花言葉は、 思案・内気・柔軟な精神

「寒蝉(かんせん)」は、
秋に鳴く蝉のこと。

ひぐらしの他に、
つくつくぼうしを意味することもあります。

お盆と終戦記念が重なり、

また、日航ジャンボ機の墜落事故も
1985年の8月12日であったことから、

命について考えさせられる時期ですね。
蝉の声なども悲しげに感じられます。

五感のすべてで、
旬を楽しみ

いつも、ご機嫌に。

こころ豊かに、
からだ健やかに^^

ブログランキングに参加して、
更新の励みにしています。
クリック投票、
ありがとうございます<(_ _)>

関連記事

  1. 鴻雁北(こうがんかえる)

  2. 蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)

  3. 温風至(あつかぜいたる)

  4. 綿柎開(わたのはなしべひらく)

  5. 葡萄の葉

    日々成長

  6. 草木萌動(そうもくめばえいずる)

  7. 蒙霧升降(ふかききりまとう)

  8. 雀始巣(すずめはじめてすくう)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

更新情報

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930