黄鶯睍睆(うぐいすなく)

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。

 

【2】立春・次候
黄鶯睍睆(うぐいすなく)
新暦2月9日~2月13日頃

2021年は、2月8日(月)~12日(金)
鶯が山里で鳴き始める 」頃です。

この時期に
強い生命力を持つ旬のものは、

運をあげるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

植物 梅(うめ)
沈丁花(じんちょうげ)
さやえんどう
鰊(にしん)
動物
行事など 全国各地で梅の花を見る催しが開かれる。
日本三大庭園のひとつ水戸の偕楽園は梅の名所。


梅も、甘く香りますが
(花言葉は、気品・上品・忍耐

沈丁花は、その甘い香りが遠くへと届くことから
センリコウ(千里香)とも呼ばれています。
(花言葉は、永遠・不老長寿・不滅

さやえんどうは、色鮮やかでビタミンCが豊富。
目にもからだにも、やさしい食べ物ですね!
(花言葉は、永遠の楽しみ・永遠の悲しみ

鰊(にしん)は春告魚。
鰊の卵は数の子で、
粒の数が多いことから子孫繁栄の縁起物です。

鶯(うぐいす)は春告鳥
私は、さだまさしさんの歌を思い出します。
よかったら、聴いてみてくださいね。

 

五感のすべてで旬を楽しみ、
いつも、ご機嫌に。
こころも身体もに豊かになっていきましょう(^^ゞ

 

ブログランキングに参加して
更新の励みにしています(^^ゞ
クリック投票、ありがとうございます!


生活・文化(全般)ランキング

 

関連記事

  1. 題経寺 光芒

    施餓鬼会の日

  2. 睡蓮

    つゆのあとさき

  3. 大鐘楼の桜梅

    花で癒やす

  4. 水中の梅

    梅しごと

  5. 寅さん埴輪

    8月4日は、リンドウ忌。

  6. 題経寺 朝顔

    柴又の朝顔

  7. 枇杷の樹

    6月24日

  8. 葡萄の葉

    日々成長

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

更新情報

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728