夜紫陽花

紫陽花~おたくさ~

ある日のとこ散歩、夜の紫陽花です(^^ゞ

紫陽花、と言うからには
本来は、お日様の下で輝く様子が
一番なのかもしれませんね。

こんなご時世ではなくても
あまりの暑さと紫外線のためf(^^;

散歩に出よう!となるのが
どうしても、夕方すぎになってしまいます。

日傘をさす必要もなく
自由にスマホを構えられるヽ(^○^)ノ
という利点も見逃せません笑

 

さて、今日は蘊蓄をひとつ。

紫陽花の「学名」を知っていますか?

Hydrangea otaksa

江戸時代の長崎で
医師で「植物学者」でもあったシーボルトが

愛する女性「お滝さん」の名前を
花につけたものです。

 

この逸話をはじめて教えてくれたのが
長崎生まれのさだまさしさん。

まだ、グレープというグループ時代の
「紫陽花の詩」にも歌われています。

この時期に是非
聴いていただきたい1曲です。

 

ブログランキングに参加して
更新の励みにしています(^^ゞ
クリック投票、ありがとうございます!


生活・文化(全般)ランキング

 

関連記事

  1. 鼃始鳴(かわずはじめてなく)

  2. 鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 

  3. 金色の水引

    大丈夫です!が口ぐせだった私にσ(^_^)

  4. 牡丹華(ぼたんはなさく) 

  5. 鴻雁北(こうがんかえる)

  6. 桃始笑(ももはじめてさく)

  7. 葡萄の葉

    日々成長

  8. 夕暮れ雲

    ななめの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

更新情報

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031