夜紫陽花

紫陽花~おたくさ~

ある日のとこ散歩、夜の紫陽花です(^^ゞ

紫陽花、と言うからには
本来は、お日様の下で輝く様子が
一番なのかもしれませんね。

こんなご時世ではなくても
あまりの暑さと紫外線のためf(^^;

散歩に出よう!となるのが
どうしても、夕方すぎになってしまいます。

日傘をさす必要もなく
自由にスマホを構えられるヽ(^○^)ノ
という利点も見逃せません笑

 

さて、今日は蘊蓄をひとつ。

紫陽花の「学名」を知っていますか?

Hydrangea otaksa

江戸時代の長崎で
医師で「植物学者」でもあったシーボルトが

愛する女性「お滝さん」の名前を
花につけたものです。

 

この逸話をはじめて教えてくれたのが
長崎生まれのさだまさしさん。

まだ、グレープというグループ時代の
「紫陽花の詩」にも歌われています。

この時期に是非
聴いていただきたい1曲です。

 

ブログランキングに参加して
更新の励みにしています(^^ゞ
クリック投票、ありがとうございます!


生活・文化(全般)ランキング

 

関連記事

  1. 土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)

  2. 瑞龍松コモ巻き

    ゆく年くる年

  3. 虹蔵不見(にじかくれてみえず)

  4. 題経寺 光芒

    施餓鬼会の日

  5. 黄鶯睍睆(うぐいすなく)

  6. 麋角解(さわしかつのおつる)

  7. 玄鳥去(つばめさる)

  8. 山茶始開(つばきはじめてひらく)

九星気学鑑定書*ご依頼受付中!

Instagram(^^ゞ

*ようこそ葛飾へ*Portal site→

*click投票↓励みになります!