夜紫陽花

紫陽花~おたくさ~

ある日のとこ散歩、夜の紫陽花です(^^ゞ

紫陽花、と言うからには
本来は、お日様の下で輝く様子が
一番なのかもしれませんね。

こんなご時世ではなくても
あまりの暑さと紫外線のためf(^^;

散歩に出よう!となるのが
どうしても、夕方すぎになってしまいます。

日傘をさす必要もなく
自由にスマホを構えられるヽ(^○^)ノ
という利点も見逃せません笑

 

さて、今日は蘊蓄をひとつ。

紫陽花の「学名」を知っていますか?

Hydrangea otaksa

江戸時代の長崎で
医師で「植物学者」でもあったシーボルトが

愛する女性「お滝さん」の名前を
花につけたものです。

 

この逸話をはじめて教えてくれたのが
長崎生まれのさだまさしさん。

まだ、グレープというグループ時代の
「紫陽花の詩」にも歌われています。

この時期に是非
聴いていただきたい1曲です。

 

ブログランキングに参加して
更新の励みにしています(^^ゞ
クリック投票、ありがとうございます!


生活・文化(全般)ランキング

 

関連記事

  1. すみれ

    蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

  2. 寅さん埴輪

    8月4日は、リンドウ忌。

  3. 空とバラ

    今年のバラです

  4. 参道土産コラボ

    私の「水無月」

  5. 草木萌動(そうもくめばえいずる)

  6. 玄鳥至(つばめきたる)

  7. 夕暮れ雲

    ななめの理由

  8. 大鐘楼の桜梅

    花で癒やす

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

更新情報

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930