蓮 開花

どぶに落ちても根のある奴は、いつかは蓮の花と咲く。

寅さんファンならご存じの「男はつらいよ」の歌詞です(^^ゞ

ハスの花、ではなく
ハチスの花、なんですよね。

咲き終わってからの姿が
たしかに、蜂巣。

蓮(ハス)の語源といわれています。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

冒頭の写真は、
待ちに待った、蓮の花の開花に出逢えた時のものです。

柴又の民としましては、
歩いて10分ほどの帝釈さまは、ほどよい距離のお散歩コース。

境内のご神木、瑞龍の松をはじめとする樹々や
植物の成長を確認させていただくことは

こんなご時世の中でも
ささやかな楽しみのひとつとなっています。

お祭りや花火大会など
ひとが行う行事は、つぎつぎと自粛せざるを得なくなりましたが

花は、時がくれば開き
蝉は、夏がくれば鳴き始めます。

トウモロコシなどの
旬の食材も、美味しい季節ですね!

節目がなくなり、失われてしまった
「時が流れている」という感覚を

自然のありようや
口に入るものから教えられる日々です。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

こちらは、ちょうど1ヶ月前。
やっとつぼみができた頃は、葉っぱ同様の緑色で、
「まだ、まだ、これから!」
そんな感じでした。

@ご本堂と渡り廊下に向かひて

蓮 つぼみ


今月に入って、

キレイに色づいた花弁から、咲く日が近いことを知りました。
「花、開く日にも立ち寄れること」を祈願。

@二天門を背景に

蓮 二天門


最後は、冒頭の写真の前日です。

@帝釈堂前

蓮 帝釈堂

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

蓮の花言葉は「清らかな心」
心を清らかにしてくれる、極楽浄土に咲く花にふさわしいですね。

ご覧のみなさまにも、ご加護がありますように。


追伸:根のある奴、になりたいです笑

 

ブログランキングに参加して
更新の励みにしています(^^ゞ
クリック投票、ありがとうございます!


生活・文化(全般)ランキング

関連記事

  1. 瑞龍松コモ巻き

    ゆく年くる年

  2. 蒙霧升降(ふかききりまとう)

  3. 鶺鴒鳴(せきれいなく)

  4. すみれ

    蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

  5. 柿と金柑

    こころに、きく。

  6. 睡蓮

    つゆのあとさき

  7. 題経寺 光芒

    施餓鬼会の日

  8. 日食日食

    日食、前日。

Follow me!

Twitter

更新情報

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

*ようこそ葛飾へ*Portal site→

*click投票↓励みになります!