水始涸(みずはじめてかるる)

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。



【48】秋分・末候
水始涸(みずはじめてかるる)
新暦10月3日~10月7日頃

2021年は、10月3日(日)~10月7日(木)
田から水を抜き、稲刈りが始まる。」頃です。

 

この時期に、
強い生命力を持つ旬のものは

運を上げるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

 

植物 銀杏(ぎんなん)
金木犀(きんもくせい
とらふぐ
動物
行事など 新米を食す。

花馬祭:
長野県南木曽町の五宮神社の祭り。
飾り付けた馬が練り歩く。

 

田んぼの水を抜いて、
稲を刈り入れる

収穫の時期!ですねヽ(^○^)ノ

黄金色に染まった一面の田んぼ。

その中で、
一生懸命に作業される農家の方々。

そんな絵がイメージできます。

感謝して、
美味しい新米をいただきたいと思います。

そんなお米にも、
ちゃんと花言葉があります。

神聖

まさに!という感じですね。

秋は実りの季節。
銀杏も食べることができる頃です。

銀杏の花言葉は、
長寿・荘厳・鎮魂

様々な願いが込められていますね。

金木犀(きんもくせい)は、
九里(36km)先まで香るので

九里香」と呼ばれることも。

ちなみに、
この花を使った中国酒が、
「桂花陳酒」です。

花言葉は、
謙虚・気高い人・真実・陶酔・誘惑
ちょっと、謎めいています。

五感のすべてで、
旬を楽しみ

いつも、ご機嫌に。

こころ豊かに、
からだ健やかに^^

ブログランキングに参加して、
更新の励みにしています。
クリック投票、
ありがとうございます<(_ _)>


関連記事

  1. 大雨時行(たいうときどきふる)

  2. こよみすと72

    雞始乳(にわとりはじめてとやにつく)

  3. 金盞香(きんせんかさく)

  4. 枇杷の樹

    6月24日

  5. 帝釈堂からの太陽

    納めの庚申 2020

  6. 禾乃登(こくもつすなわちみのる) 

  7. 地始凍(ちはじめてこおる)

  8. 土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)

Follow me!

Twitter

更新情報

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

*ようこそ葛飾へ*Portal site→

*click投票↓励みになります!