寅さん埴輪

8月4日は、リンドウ忌。

冒頭の写真、リンドウではなくハニワ。
なんで?と、思われる方も多いと思います。
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、種明かしは文末にて。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

リンドウを漢方薬として使う時には、根っこを服用するのですが、
まるで、竜の肝のように苦いことから「竜胆」と名付けられました。

学名はGentiana
私が扱っている、植物療法でもお馴染みの名前です。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

実は、その「リンドウ」が、
私と寅さんを、深く結びつけてくれる切掛になりました。

2年前の夏、柴又の寅さん記念館で、渥美清さんのご命日に、
献花台が設けられることを知り、訪ねてみることにしました。

それまでは、柴又に住んでいるお陰で、自己紹介には困らないけれど、
映画館で「男はつらいよ」を観たことはありませんでした。

あまりに身近すぎて、また、若くて(笑)
生まれてこの方、柴又なのに、そのよさに気づいていなかったのです。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

こちらは昨年、家族で訪ねた時に、
献花用に、準備されていたリンドウ。

ファンなら、寅さんの「語り」を思い出されるでしょうね。
花は、天気の良いときだけ太陽に向かってまっすぐに開くといいます。
「お天道様は見ているぜ」という台詞にも通じるものがありますね。

バケツりんどうりんどう


次は今年、8月4日の祭壇です。
例年は「献花のお知らせ」があるのですが、今年はありませんでした。

時節柄、致し方ないのですが、
リンドウを活けた花瓶を見つけた時は、ほっとしました。

花瓶りんどう


最後の写真は2年前。

今は、山田洋次記念館がある場所が休憩室で、そこに祭壇があり、
渥美清さんの出演作品のことなども、詳しく知ることができました。

会場には「男はつらいよ」の映像がエンドレスで流れ、
何気なく見始めたのに引き込まれてしまい、
冷房で身体が冷え切っても、席を立つことができませんでした。

献花りんどう


来年はまた、沢山のファンの方と共に

リンドウを献花できるようになることを
こころから願わずにはいられません。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

リンドウは、多くの芸術に関わる方に愛されており
「りんどう忌」も「竜胆忌」も、すでに周知のことのようです。

そこで、私の中でだけでも
毎年、8月4日を「リンドウ忌」と呼ばせていただくことにしました。

山田洋次監督と「寅さん埴輪」
奇しくも渥美清さんのご命日に、
柴又の八幡様の古墳から発掘されました
w(゜o゜)w

*リンドウの花言葉*
「あなたの悲しみに寄り添う」
やはり、リンドウは、寅さんにピッタリだと思いませんか?

ブログランキングに参加して
更新の励みにしています(^^ゞ
クリック投票、ありがとうございます!


生活・文化(全般)ランキング

 

関連記事

  1. 水中の梅

    梅しごと

  2. 夜紫陽花

    紫陽花~おたくさ~

  3. 黄金虫

    黄金虫とクマバチ

  4. 題経寺 光芒

    施餓鬼会の日

  5. 夕暮れ空

    こよみ暮らし

  6. 参道土産コラボ

    私の「水無月」

  7. 瑞龍松コモ巻き

    ゆく年くる年

  8. 柿の実

    秋の味覚

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

更新情報

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ