梅子黄(うめのみきばむ)

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。



【27】芒種・末候
梅子黄(うめのみきばむ)
新暦6月16日~6月20日頃

2021年は、6月16日(水)~6月20日(日)
梅の実が熟して黄色くなってくる」頃です。

 

この時期に、
強い生命力を持つ旬のものは

運を上げるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

 

植物 梅(うめ)
オクラ
すいかずら
梔子(くちなし)
すずき
動物
行事など 暦の入梅:
毎年11日頃。

 

梅雨が訪れる時期とされます。

また、梅の実が実る
という季節ではありますが

品種によっては、
早々と収穫された新鮮な実を使って、

すでに「梅仕事」にいそしまれる
梅ファンの方も。

(花言葉は、気品・高潔・美と長寿など)

すいかずらは、
甘い蜜を吸うことができますね。
(花言葉は、愛の絆・献身的な愛・友愛

梔子(くちなし)は、
たくあんの色付けにも使われます。
(花言葉は、幸福者・喜びを運ぶなど)

オクラは、栄養豊富で
この時期の体調管理に良いですよ!
(花言葉は、恋の病

五感のすべてで、
旬を楽しみ

いつも、ご機嫌に。

こころ豊かに、
からだ健やかに^^

ブログランキングに参加して、
更新の励みにしています。
クリック投票、
ありがとうございます<(_ _)>

関連記事

  1. 山本亭紅葉

    楓蔦黄(もみじつたきばむ)

  2. 大鐘楼の桜梅

    花で癒やす

  3. 願望

    秋分の日の過ごし方

  4. 月星布

    豊穣の月・ブルームーンに寄せて

  5. 桜始開(さくらはじめてひらく) 

  6. 乃東枯(なつかれくさかるる)

  7. 菊花開(きくのはなひらく)

  8. 金盞香(きんせんかさく)

Follow me!

Twitter

更新情報

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

*ようこそ葛飾へ*Portal site→

*click投票↓励みになります!