乃東枯(なつかれくさかるる)

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。



【28】夏至・初候
乃東枯(なつかれくさかるる)
新暦6月21日~6月25日頃

2021年は、6月21日(月)~6月25日(金)
うつぼ草が枯れる」頃です。

 

この時期に、
強い生命力を持つ旬のものは

運を上げるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

 

植物 夏蜜柑(なつみかん)
冬瓜(とうがん
靫草(うつぼぐさ)
鮎(あゆ)
動物
行事など

 

乃東とは、
夏枯草 (かこそう)の古名。

冬至に芽を出し、夏至に枯れます。

靫草 (うつぼくさ)の
漢方名でもあります。

ヨーロッパでは、ハーブとして
セルフヒールという名で知られ、
親しまれています。

花は紫色。
見るだけでも緊張をほぐし、
不安感を和らげてくれますね。

ちなみに、靫とは?
武士が弓矢を入れ背中に背負った道具です。

(花言葉は、優しく癒す・協調性

夏蜜柑(なつみかん)は、
山口県萩市の特産。

花は甘い香りで、

昭和天皇が
「この街は香水をまいているのか」と
聞いたエピソードも。

冬瓜(とうがん)は、
夏場のむくみに良い働きをします。

夏が旬ですが、

冬まで保存がきくことから
名付けられたそうです。

五感のすべてで、
旬を楽しみ

いつも、ご機嫌に。

こころ豊かに、
からだ健やかに^^

ブログランキングに参加して、
更新の励みにしています。
クリック投票、
ありがとうございます<(_ _)>

関連記事

  1. 百日紅 白

    すべっても、いいんだよ。

  2. 水始涸(みずはじめてかるる)

  3. 柿の実

    秋の味覚

  4. 鴻雁北(こうがんかえる)

  5. 朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)

  6. 題経寺 光芒

    施餓鬼会の日

  7. 雀始巣(すずめはじめてすくう)

  8. 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

Follow me!

Twitter

更新情報

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

*ようこそ葛飾へ*Portal site→

*click投票↓励みになります!