天地始粛(てんちはじめてさむし)

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。

 

【41】処暑・次候
天地始粛(てんちはじめてさむし)
新暦8月28日~9月1日頃

2021年は、8月28日(土)~9月1日(水)
ようやく暑さが鎮まる」頃です。

 

この時期に、
強い生命力を持つ旬のものは

運を上げるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

 

植物 ぶどう
鳳仙花(ほうせんか
ぐち
動物
行事など 二百十日:立春から数えて210日目。
台風がやってくる日といわれる。
各地で風鎮めの祭りがある。

おわら風の盆(富山県八百町)

 

ぶどうは、
様々な品種が楽しめますね。

食べ方も、
果実をそのままいただいたり、
ジャムになさる方も。

熟成させれば、ワイン
時間をかけた分、
楽しみが増しますね。

ワインの副産物である種も、
グレープシードオイルとして重用。

食べてよし!塗ってよし!

ひとの生活に、
とても役立ってくれる植物ですね。

(花言葉は、陶酔・信頼・思いやり

鳳仙花は、
別名「爪紅・つまくれない」とも呼ばれます。

昔、爪を染めたことからだそう。
なんだか、やってみたくなりませんか?

恋のおまじないもできるそうですよ!
(花言葉は、せっかち・短気・心を開く

五感のすべてで、
旬を楽しみ

いつも、ご機嫌に。

こころ豊かに、
からだ健やかに^^

ブログランキングに参加して、
更新の励みにしています。
クリック投票、
ありがとうございます<(_ _)>

関連記事

  1. チーズパン

    土日限定

  2. 麦秋至(むぎのあきいたる)

  3. 菖蒲華(あやめのはなさく)

  4. 鼃始鳴(かわずはじめてなく)

  5. 寒蝉鳴(ひぐらしなく)

  6. 虹始見(にじはじめてあらわる)

  7. 柿と金柑

    こころに、きく。

  8. 玄鳥去(つばめさる)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

更新情報

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930