天地始粛(てんちはじめてさむし)

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。

 

【41】処暑・次候
天地始粛(てんちはじめてさむし)
新暦8月28日~9月1日頃

2021年は、8月28日(土)~9月1日(水)
ようやく暑さが鎮まる」頃です。

 

この時期に、
強い生命力を持つ旬のものは

運を上げるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

 

植物 ぶどう
鳳仙花(ほうせんか
ぐち
動物
行事など 二百十日:立春から数えて210日目。
台風がやってくる日といわれる。
各地で風鎮めの祭りがある。

おわら風の盆(富山県八百町)

 

ぶどうは、
様々な品種が楽しめますね。

食べ方も、
果実をそのままいただいたり、
ジャムになさる方も。

熟成させれば、ワイン
時間をかけた分、
楽しみが増しますね。

ワインの副産物である種も、
グレープシードオイルとして重用。

食べてよし!塗ってよし!

ひとの生活に、
とても役立ってくれる植物ですね。

(花言葉は、陶酔・信頼・思いやり

鳳仙花は、
別名「爪紅・つまくれない」とも呼ばれます。

昔、爪を染めたことからだそう。
なんだか、やってみたくなりませんか?

恋のおまじないもできるそうですよ!
(花言葉は、せっかち・短気・心を開く

五感のすべてで、
旬を楽しみ

いつも、ご機嫌に。

こころ豊かに、
からだ健やかに^^

ブログランキングに参加して、
更新の励みにしています。
クリック投票、
ありがとうございます<(_ _)>

関連記事

  1. 虹蔵不見(にじかくれてみえず)

  2. 蟷螂生(かまきりしょうず)

  3. 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)

  4. 竹笋生(たけのこしょうず)

  5. 夜紫陽花

    紫陽花~おたくさ~

  6. 夕暮れ

    庚申 2020/05/17

  7. 雉始雊(きじはじめてなく)

  8. 鶺鴒鳴(せきれいなく)

Follow me!

Twitter

更新情報

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

*ようこそ葛飾へ*Portal site→

*click投票↓励みになります!