芹乃栄(せりすなわちさかう)

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。

 

【67】小寒・初候
芹乃栄(せりすなわちさかう)
新暦1月5日~1月9日 頃

2022年は、1月5日(水)~1月9日(日)
芹がすくすくと育つ」頃です。

 

この時期に、
強い生命力を持つ旬のものは

運を上げるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

 

植物 春の七草
南天(なんてん
真鱈(まだら)
動物
行事など 七草粥をいただく

 

春の七草

せり(芹)
なずな(薺薺)=ペンペン草
ごぎょう(御形)=母子草
はこべら(繁縷)
ほとけのざ(仏の座)
すずな(菘)=カブ
すずしろ(蘿蔔)=ダイコン

この7種の野菜を
入れて作ったお粥が「七草粥

1月7日の朝にいただくことで、

邪気を払い、
万病を除くと言い伝えらる風習です。

折角なので、
花言葉もひと言ずつ添えますね!

せり、貧しくても高潔
なずな、あなたに私のすべてを捧げます

ごぎょう、無償の愛
はこべら、愛らしい
ほとけのざ、調和

すずな、慈愛
すずしろ、潔白

南天は、
難を転ずる」とされる縁起物。

古くから、厄を除けるともされてきました。

柴又帝釈天題経寺のお守りにも、
南天があしらわれたものが沢山あります^^

(花言葉は、機知に富む・福をなす・良い家庭

五感のすべてで、
旬を楽しみ
いつも、ご機嫌に。
こころ豊かに、
からだ健やかに^^

*click投票↓更新の励みになります!
   

関連記事

  1. 鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 

  2. 蓮 開花

    どぶに落ちても根のある奴は、いつかは蓮の花と咲く。

  3. 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)

  4. 菊花開(きくのはなひらく)

  5. 空とバラ

    今年のバラです

  6. 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

  7. 橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

  8. 牡丹華(ぼたんはなさく) 

Follow me!

Twitter

更新情報

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

*ようこそ葛飾へ*Portal site→

*click投票↓励みになります!