蓮始開(はすはじめてひらく)

日本には
美しい四季があり、

さらに
1年を24の季節に分けるこよみが二十四節気。

それを
はじめ・中・終わりとするのが七十二候です。




【32】小暑・次候
蓮始開(はすはじめてひらく)
新暦7月12日~7月16日頃

2021年は、7月12日(月)~7月16日(金)
蓮の花が開き始める」頃です。

 

この時期に、
強い生命力を持つ旬のものは

運を上げるためには欠かせない、
最高の縁起物となりますヽ(^○^)ノ

下記、ご参考くださいませ。

 

植物 大蒜(にんにく
とうもろこし
蓮(はす
百日紅(さるすべり
かれい
動物 アゲハチョウ
行事など 迎え火:
新暦7月15日にお盆の行事を行う。
野菜に箸木(はしぎ)を刺して馬や牛に見立てる。

 

蓮は、
仏教とともに日本に伝わってきました。

泥の中から花を咲かせることから
清らかさを象徴します。
(花言葉は、清らかな心・神聖・休養など)

寅さんファンにはコチラもオススメです(^^ゞ

大蒜(にんにく)は、

仏教用語で「忍辱(にんにく)」といい、
「侮辱や苦しみに耐える」という意味です。

強壮作用があるので、
僧侶たちは食べることを禁じられていました。
(花言葉は、勇気と力

百日紅(さるすべり)は、
花が100日以上咲くことからこの漢字が使われます。
(花言葉は、雄弁・不用意・愛嬌・活動など)

さるすべりについても書いてます!

トウモロコシも旬を迎えますよ!
(花言葉は、富・財宝・豊富・仲たがい

五感のすべてで、
旬を楽しみ

いつも、ご機嫌に。

こころ豊かに、
からだ健やかに^^

ブログランキングに参加して、
更新の励みにしています。
クリック投票、
ありがとうございます<(_ _)>

関連記事

  1. 禾乃登(こくもつすなわちみのる) 

  2. 麋角解(さわしかつのおつる)

  3. 橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

  4. 草露白(くさのつゆしろし) 

  5. 題経寺 朝顔

    柴又の朝顔

  6. 日食日食

    日食、前日。

  7. 魚上氷(うおこおりをいずる)

  8. 帝釈堂からの太陽

    納めの庚申 2020

Follow me!

Twitter

更新情報

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

*ようこそ葛飾へ*Portal site→

*click投票↓励みになります!